マイクロバブルを活用し、汚水処理を行っていこう

トラブルの多い汚水処理を適切にするために

今後が期待される

マイクロバブルの特徴は様々なものがあります。
マイクロバブルは一般的な大きな気泡と比べ、水面までの浮上スピードが極めて遅いため、水中の滞在時間が非常に長いです。
泡に掛かる浮力がとても小さく、そのため上昇スピードが遅くなるのです。
この特性は、その高い溶解効率に影響を与えていると言えます。
通常の気泡はふわふわと水面まで上昇していき、最終的にはじけて消えるといったイメージが一般的だと言えます。
マイクロバブルはそのサイズの小ささから、気泡の中心までの距離が短く、サイズの大きな気泡に比べて水などの液体に溶けやすいという特徴があります。
マイクロバブルの自体の表面張力によってさらに小さなナノサイズへと自ら収縮して行き、消滅して行きます。
この特徴から気体の溶解効率はとても高いものとなるのです。
またマイクロバブルは帯電性を持っており、常に電荷を帯びている特徴もあります。この帯電性によって気泡は壊れにくくなっています。
常に電荷を帯びていることから、マイクロバブル同士は反発し合っており、気泡同士の吸着や吸収が起こりづらい性質を持っているのです。このことから気泡は小さな状態を保つことができ均等に液中に分散して行き、非常に高密度の気泡となるのです。

マイクロバブルは流体として層流化し、気体と液体の層を作り出します。
その結果、固液間での摩擦抵抗が減少する効果があるのです。
この効果は船などの船舶の分野へ高い期待がされており、実用化に向けて研究が現在行なわれています。
このようにマイクロバブルは非常に多様な分野での活躍が期待されているのです。
農業や水産業、工業や科学に医療と言った分野で研究がまだまだ進められており、今後にますます期待が高まっていると言えます。