マイクロバブルを活用し、汚水処理を行っていこう

トラブルの多い汚水処理を適切にするために

ナノバブル発生装置

マイクロバブル発生装置の開発は1980年代から始まりました。
マイクロバブルは産総研でもその小さな気泡にある大きな可能性を期待されていました。
その効果から、様々な環境問題を解決できる技術だと期待され、様々な分野で研究に取り組まれています。
1995年に初めてマイクロバブル発生装置は完成し、その効果や魅力に注目が集まりだし、世の中に広く浸透していったのです。
1998年には、新聞の一面にマイクロバブル発生装置の記事が大きく取り上げられて更にその認知度は広まったと言えます。
さらに翌年の1999年にはテレビでもマイクロバブル発生装置は取り上げられました。
マイクロバブル発生装置を使用した、広島でのカキ養殖の様々な改善効果が報道され、よりマイクロバブルの魅力が世間に知れ渡りました。
それから現代に至るまで、様々なシーンで製品化されたマイクロバブル発生装置が活用されています。農水産業においての洗浄分野や、生産設備分野での特殊洗浄といったものまで様々な分野で効果を発揮していて、その市場評価は非常に高いものとなっています。
また、一般家庭への実用化も現在準備が進められており、システムバスなどの洗浄システムや、全自動洗濯機など、衣類への高い洗浄効果も期待できるものとして注目されているのです。
実際に家電製品には内部部品としてマイクロバブル発生装置が取り付けられたものが、いくつか販売されており、より一般的に身近な存在となっています。