マイクロバブルを活用し、汚水処理を行っていこう

トラブルの多い汚水処理を適切にするために

マイクロバブル

マイクロバブルとは、普通の大きな気泡と比べ、とても小さな極小の気泡のことです。
発生時に10マイクロメートルから数十マイクロメートル以下の直径である気泡のことを指します。
この直径のサイズは、髪の毛の直径よりも小さなサイズであり普通の泡とは比べ物にならないほど極小の泡なのです。
マイクロサイズより小さな気泡はいくつかの種類に分けられます。
まず「マイクロバブル」よりさらに小さな気泡として「マイクロナノバブル」があります。
数百ナノメートルから10マイクロメートル以下の気泡はマイクロナノバブルとされ、この大きさになると収縮速度が早くなり、急速に気泡が小さくなります。
さらに直径の小さな気泡に「ナノバブル」があります。ナノバブルは数百ナノメートル以下のサイズの気泡です。
その小ささから従来は存在の確認がされていませんでしたが、近年の実験により確認することに成功し、注目を集めています。

一般的な気泡は水面までふわふわと浮かび上がり、そのままはじけてしまうといったイメージがあります。
ですがマイクロサイズ以下の気泡はそうでは無いのです。
マイクロサイズ以下の気泡は水中に長い時間留まり続け、ゆっくりと水面まで収縮しながら登って行きます。これは気泡の内圧が高いゆえの特徴だと言えます。
この収縮しながら上昇していく中で、水中の汚れを吸着していく他に様々な効果があるのがマイクロバブルです。
このような効果はミリサイズ以上の気泡では得られないものなのです。

マイクロバブルの効果

マイクロバブルは様々な分野でその効果を認められています。その洗浄効果の高さから、汚水処理などにも活用されています。この他にもマイクロバブルの利用価値は沢山あるのです。

詳しく読む

ナノバブル発生装置

マイクロバブル発生装置の開発によって多くの分野でその効果の恩恵を受ける事が可能になっています。現代では一般家庭にも浸透しており、お風呂や洗濯機などにもマイクロバブルは有効的に活用されているのです。

詳しく読む

今後が期待される

マイクロバブルの特徴としてはそのサイズの小ささが一番分かりやすく、イメージしやすいものと言えます。マイクロサイズの気泡は、髪の毛の直径よりも更に小さなものなのです。

詳しく読む